FC2ブログ

Category: 未分類  1/2

2月の雲

高く見つめてる君に手を伸ばしいつかたどり着くと決めた あの日熱く差すような痛み 友にしていつか歩き出した ふたり心は風にさまよう淡く憶えてる日差し 空の青今は月明かりに消えた あの日寒く凍えてた心 通わせて今は歩き出した ふたり言葉は風にただよう2月の雲  犬塚彩子8/5、東京へ向かう新幹線の車窓から見える空は何とも言えず果てしなかった...

  •  -
  •  -

VI

No image

第一次世界大戦から数年後、1921年に自社サックスを開発し、アメリカマーケットに乗り込んだ、フランスのセルマー(selmer)社サクソフォーンは、使用された管体、部品等はフランスで製造された物と同一ではあるが、調整、カスタマイズをアメリカでなされており、それらは俗にアメセルと言われる。1983年に生産終了したにも関わらず、現代においても多くのプレイヤーから大きな支持を得ている。理由としては、クラシック音楽への対応...

  •  0
  •  -

So far away

So far away; Doesn't anybody stay in one place any more? It would be so fine to see your face at my door; Doesn't help to know you're just time away;Long ago I reached for you and there you stood;Holding you again could only do me good;How I wish I could, but you're so far awayOne more song about movin' along the highway; Can't say much of anything that's new;If I could only work this life out my ...

  •  -
  •  -

corcovado

部屋の片隅 一本のギターこの愛 そしてひとつの歌愛し合うものたちへたくさんの静かなひととき夢見るひととき窓からはコルコバードのキリスト像がなんて美しいこんな人生を探し求めていたあなたが私のそばにいて古い炎を消すまで私はずっと悲しみの奥底にいたすべてを信じられずにでもあなたにめぐり会いそして知った幸せとは何かということをcorcovado, Antônio Carlos Jobimコルコバードのキリスト像は、ブラジルリオデ...

  •  0
  •  -

No image

新しい街並みとありふれた僕の胸まだやり残したことも忘れてしまえたらいい試され続ける毎日で人に合わせる事を知った自分を生きることはなぜこんなにも難しいあともう少し だけどあとどれくらいの歩幅で歩けばいいずっと空を見つめてた風の終わりを知らないあの頃の僕はここにいる一番星が輝いた疲れ果てた心で僕は何を見てるの「一番星」 平原綾香...

  •  -
  •  -

明星。

月のそばに見える金星はまるで大好きな人に寄り添うように見え、そしてなんだか月に照らされて輝いているかのように見えた。以下、金星について。金星は明け方か夕方にしか見えなくて、真夜中には観測できない。地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽、月についで明るく見える星であることから、明け方に見えるのが「明けの明星」、夕方に見えるのが「宵の明星」として別々に扱われていた。金星が宵の空にあると...

  •  -
  •  -

夕星(ゆふづつ)

輝いていられたのはあなたが照らしてくれていたからほんの少しの時間だったけれどとても幸せだったんだごくわずかだからこそ思いきり輝き続けられたのだからあなたがいなくなって僕は今ごろ自分では輝けないことを知ったよ輝いていられたのはあなたが照らしてくれていたからそろそろ宵につつまれる水と命の星に見離された僕は疲れ果ててしまったんだと思うだけどどうしても追いつけなかったんだいつの日か一生に一度だけ僕が自分の...

  •  -
  •  -